自分でも行えるトイレトラブルの対策と改善方法

歴史を知る

悩むレディー

日本のトイレは、昔に使用されていた形式から現在の形式が変わっています。排泄物がつまらないように工夫されているトイレですが、トイレつまりを起こしたときは状態が悪化しないように業者に依頼することが大切です。

原因と解決法

作業員

トイレのつまりの原因と予防法

トイレつまりなどのトイレトラブルの原因は、水の勢いがない(または強すぎる)、異物が混入する。この二つがほとんどです。ここでは、トイレのつまりを予防する方法をご紹介します。まずは、当たり前のことですが、トイレットペーパー以外のものを流さないことです。面倒だからと言って、ティッシュや糸くずを流してはいけません。似ているようですが、トイレットペーパーと違ってティッシュは水に溶けませんので注意が必要です。次に、水の勢いです。節約のためと思って大小の小でいつも流しているという人もいるかもしれませんが、正しく流さないときちんと流れずにトイレのつまりの原因になってしまいます。反対に、たくさん流しすぎても、水が溢れてきてしまいますので注意しましょう。

トイレがつまってしまったら

では、もしもトイレが詰まってしまりというトイレトラブルになった場合どのように対処すれば良いのでしょうか。まずは、スッポンを使ってみましょう。正確にはラバーカップというのですが、これをトイレの穴部に密着させて、カップを押し引きします。何度も繰り返し行なっていると、詰まっていたものが吸い寄せられて出てきます。ほとんどの場合、この方法で解消できますが、他に、重曹を使う方法があります。ぬるめのお湯に重曹を溶かして、トイレに流し10分程待ちます。異物やトイレットペーパーではなく、奥の方の黄ばみが原因だった場合、これで解消されます。以上の方法で解消できれば良いですが、それでも解消されない場合は、トイレのつまりを無理に解決しようとせず、専門の業者さんにお願いしましょう。

分からない事は業者に

トイレ

トイレつまりは毎日使用する箇所だからこそトラブルになると焦ってしまうでしょう。トイレに知識がない素人であれば、改善は難しいように思いますがトイレに詳しい専門業者に修理を依頼すれば問題解決に繋がります。

水回りの問題

工具を持つ人

毎日と日課となっている排便や排尿ですが、そのトイレが水漏れや詰まりがでてしまうと慌ててしまいます。自分で修理するのも難しいので、そういう時はトイレトラブルを解決してくれる業者にお願いしましょう。