自分でも行えるトイレトラブルの対策と改善方法

歴史を知る

悩むレディー

トイレの歴史について

日本のトイレは昔は落下式便所、いわゆるボットン便所が使われていました。 この落下式便所はしゃがみながら用を足すもので、現在のトイレのように排水溝が狭くないため、トイレつまりはほとんど起きることがありませんでした。 そして、ここで出されたし尿は農業で肥料として用いられていました。 しかし第二次大戦後、サラダなど野菜を生食の習慣が浸透してくるにつれ、寄生虫や衛生上の理由から、農業への尿の利用は徐々に行われなくなりました。 現在では、日本のトイレは水洗式の便所が大半を占めるようになり、それにより衛生面は改善されましたが、トイレつまりが以前より起きやすくなっています。 理由としては、水洗式の便所では排水溝が狭い為、トイレットペーパーなど一度にたくさんの量を流すと排水溝でつまってしまうからです。

トイレの今後について

現代ではトイレつまりが起こった場合には専門の業者に依頼したり、トイレつまりを解消するための道具がホームセンターなどで販売されているので、それらが利用されています。 トイレつまりの道具では以前ではラバーカップと呼ばれる、使用する際に「ボットン、ボットン」と音がする道具がつかわれていましたが、最近ではラバーカップより強力な吸引力のある真空ポンプと呼ばれる種類の道具や高圧洗浄機など様々な道具が販売されています。 また、現在の日本で使われている便器では排水溝以外の下水管部分でもつまることがあるため、そんなときには専門の業者に依頼されるのが一般的となっています。 最近のトイレは昔と比べると様々な機能が搭載され便利になりましたが、その分デリケートな性質になってきています。 そのためトイレつまりなどのトラブルはなくならず、いざという時のために道具を用意しておいたり、業者の連絡先を控えておくなどの準備が必要となるでしょう。